経審と経営状況分析ランキング

経審と経営状況分析ランキング | 経営状況分析手数料5千円

経審と経営状況分析ランキングを建設業許可区分・業種別に、 総合評点P完成工事高評点X1経営規模評点X2経営状況分析評点Y技術力評点Zその他評点Wを一覧表示しています。

複数都道府県指定の経審と経営状況分析ランキングはこちら
大臣許可を含むか指定できる複数都道府県の経審と経営状況分析ランキングはこちら
一般建設業の経審と経営状況分析ランキングはこちら特定建設業の経審と経営状況分析ランキングはこちら

大臣許可
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県
山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県
埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県
富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県
京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県
佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県
鹿児島県 沖縄県      

平成30年4月改正了承案対応 経審ソフト経審大臣(R)シリーズ発売開始 平成30年4月改正了承案対応経審ソフト経審大臣(R)シリーズ

平成30年4月改正了承案に対応した経審ソフト経審大臣(R)シリーズ新バージョン を発売開始しました。

お知らせ・ご注意

  1. 関連会社の経営状況分析機関では、分析手数料5千円(税別)で経営状況分析申請を受け付けています。 建設業財務諸表はオンライン申請で、経営状況分析申請書等はメール添付等でお送り下さい。 経営状況分析結果通知書は翌営業日までに発送します(問題解決後)。
  2. 経審申請(経営事項審査申請)は、経営状況分析申請と経営規模等評価申請・総合評定値請求の2回の申請が必要で、 それに基づいてそれぞれ審査を行います。
  3. 建設業財務諸表は、 建設業にかかわる金額と兼業分を分ける必要があります。
  4. 経営規模等評価申請時に提出する技術職員名簿作成機能には、 重複業種チェックなど多彩な機能があります。
  5. 経審(経営事項審査)は、官公庁の入札に参加するために必要な審査制度です。 入札は民間企業の場合の見積に相当します。
  6. 表示される経審ランキングは、平成26年1月に公表された経審公表結果に基づいています。
  7. 経審ランキングのデータは、(財)建設業情報管理センター様で公表されている経審結果に基づいて作成されています。 最新の経審評点は(財)建設業情報管理センター様のウェブサイトでご確認下さい。
  8. 表示される経審順位・評点は、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。

【サイト運営者】   【免責事項】