経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ経営状況分析機関

経審と経営状況分析ランキング

経審と経営状況分析ランキング

経審と経営状況分析ランキングを建設業許可区分・業種別に、 総合評点P・ 完成工事高評点X1・ 経営規模評点X2・経営状況分析評点Y・技術力評点Z・その他評点Wを一覧表示しています。

複数都道府県指定の経審と経営状況分析ランキングはこちら
大臣許可を含むか指定できる複数都道府県の経審と経営状況分析ランキングはこちら
一般建設業の経審と経営状況分析ランキングはこちら特定建設業の経審と経営状況分析ランキングはこちら

大臣許可
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県
山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県
埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県
富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県
岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県
京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県
佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県
鹿児島県 沖縄県      

お知らせ・ご注意

  1. (株)建設業経営情報分析センター経営状況分析申請を分析手数料5千円(税別)で受け付けています。 建設業財務諸表オンライン申請で、 経営状況分析申請書はメール添付等でお送り下さい。 経営状況分析結果通知書はレターパックプラスで発送しています。
  2. 経審ソフト 経審大臣(R)シリーズでは、 財務諸表 勘定科目金額「移行・合算」機能を追加しました。 フリー版でもサポートしています。 誤って他の科目に金額計上したり、別々に計上したものを合算する際に便利です。 円単位で合算しますので、誤差も生じません。
  3. 初めての経営状況分析申請はこちら経営状況分析申請時に多い修正箇所はこちらをご覧下さい。
  4. 平成28年6月以降の経営規模等評価申請時注意事項はこちらをご覧下さい。
  5. 重複業種チェック機能を使って、 選択した業種の重複がないか、あらかじめチェックしておくと、評点Zで損をするのを回避できます。
  6. 技術力評点Zで加算される技術職員点数については技術職員区分をご覧下さい。
  7. 経審申請(経営事項審査申請)は、 経営状況分析申請経営規模等評価申請・総合評定値請求 の2回の申請を行い、それに基づいてそれぞれ審査を行います。
  8. 経審(経営事項審査)は 官公庁の入札に参加するのに必要な審査制度です。 入札は民間企業の場合の見積に相当します。
  9. 表示される経審ランキングは、平成26年1月に公表された経審公表結果に基づいています。
  10. 経審ランキングのデータは、(財)建設業情報管理センター様で公表されている経審結果に基づいて作成されています。 最新の経審評点は(財)建設業情報管理センター様のウェブサイトでご確認下さい。
  11. 表示される経審順位・評点は、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。

【サイト運営者】   【免責事項】


トップ
 ・大臣許可
 ・一般建設業
 ・特定建設業
経審(経営事項審査)と経営状況分析の解説
 ・経営状況分析申請
建設業財務諸表の解説
 ・建設業とそれ以外を分ける
(株)建設業経営情報分析センター
 ・初めての経営状況分析申請
 ・経営状況分析申請書
 ・経営状況分析結果通知書
(株)ナレッジコア
 ・経審ソフト 経審大臣(R)シリーズ
 ・工事経歴書ソフト 入札大臣(R)
 ・見積ソフト 見積大臣シリーズ(R)